MENU

寒気と腰の痛みの原因と対処について

スポンサーリンク

日常生活の中で、寒気と腰の痛みが同時に発生するというようなことがあります。
寒気と腰の痛みが同時に発生する原因としてはいろいろと考えられています。
しかし次のような症状が現れたときには、注意をしなければいけません。
それは病気が背景にある可能性があるからです。
腰の痛みと共に寒気の症状がある場合、鈍くて重い感じの腰の痛みや脇腹や背中に痛みがあるというようなときには注意が必要です。
また残尿感があったり、尿の回数が増えるというようなとき、寒気や震えや高い熱、吐き気や体がだるいというような症状が現れたときには、腎盂腎炎が原因となっていることがあります。
腎盂腎炎の症状は、寒気から始まることが多くなっており、この他に高い熱が出ることもあります。
また全身がだるいというような症状が出ることもあります。
腎臓に異常が発生しているということで、残尿感があり尿の回数が多くなってしまいます。
症状が悪化すると排尿痔に激しい痛みを感じるようになります。

スポンサーリンク

またさらに症状が悪化すると、感染した細菌が血液の流れによって全身に広がり、命に関わることもあります。
したがって注意をしなければいけません。
腎盂腎炎の原因としては、腎盂という尿がたまるところに細菌が繁殖し、その結果腎臓にまで炎症が広がっている状態のことになります。
すなわち尿道から感染した細菌が原因となっているのです。
基本的に最近は体の免疫力によって攻撃されるようになっているので、簡単に発生するということはありません。
しかし尿管結石や糖尿病や前立腺肥大症などの疾患によって発症することがあります。
対処法としては、病院を受診するということになります。
しっかりとした対処をせずに放っておくと、慢性化してしまいます。
腰痛や寒気などの症状があるときの対処法としては、病院で血液検査や尿検査を受けるようにします。
これで異常を早期に発見することができます。
腎盂腎炎には急性と慢性がありますが、症状は慢性の方が軽くなっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加