MENU

悪寒がする時の対処法とお風呂や食事について

スポンサーリンク

悪寒を感じている時に考えられる原因は、体がウイルスに抵抗しているケースが多く、風邪の引き始めや悪化している時に症状があらわれます。
これは体にウイルスが侵入した際に、体温の上昇を利用してウイルスを退治するため起こる現象で、脳が熱を上げるために筋肉を縮小させていることで悪寒がします。
これから体温を上げるというサインでもあるので、熱が上がってしまう前に対応をする必要があります。
体を冷やさないように温かいパジャマなどに着替え、休める状況であれば温かいベッドに入って体を温めて下さい。
汗をかいた時は汗冷えを避けるためにまめに着替えて、水分の摂取も忘れずにおこなって下さい。
その際は体力を使わないで済むように白湯を飲むことをおすすめします。
特に悪寒が治まり始めて熱が出てきたら、体内に熱がこもらないように少し薄手の寝巻きに着替えるのも効果的です。
熱が上がった後は体内にこもった熱を発散しないと、体力を奪われることにも繋がるので注意が必要です。

スポンサーリンク

悪寒がする程の風邪の場合は、熱が上がってしまう可能性が非常に高いため、お風呂も控える必要があります。
特に37度以上の熱がある場合は極力入浴を避け、熱がない場合でも湯冷めしないように充分注意して下さい。
悪寒に加えてだるさも感じるなど、体力の消耗を感じた時もお風呂の使用は避けて下さい。
お風呂を使用する際は38度から40度くらいの湯に浸かり、くれぐれも湯冷めに注意を払って下さい。
半身浴やぬるま湯での入浴は、症状を悪化させる可能性があるのでおこなわないで下さい。
また温かい食事を取ることで内側から体を温めることも有効です。
消化に悪いものを摂取してしまうと、その消化のために体力を消耗してしまうので、おかゆやスープなどの消化に良い物を食して下さい。
首周りを温めるのも効果的なので、マフラーやタオルを首に巻いておくのも効果的です。
鼻や喉を痛めないようマスクをしておくのも有効で、顔の半分を覆うことで湿度も体温も保つことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加