MENU

大人の急な発熱にともなう寒気

スポンサーリンク

急な発熱は、子どもに多いと考えられるかもしれませんが、決してそんなことはなく、大人でも充分起こりえます。
私も仕事中にいきなり寒気に見舞われ、体中がしんどくなることがありました。
特に冬場に、寒気を伴う急な発熱がおこると、インフルエンザではと考えられ、医者では必ず検査されますが、インフルエンザ以外でも急な発熱が起こるケースが多々あります。
大人が発熱すると、体の節々が痛くなりだるくなり、食欲も落ち、寝込むケースがほとんどです。
子ども以上に大人、しかも高齢になればなるほど、治るのも遅くなります。
そうならないためにも、普段からの体力作り、栄養補給なども十分に行い、風邪をひかない身体作りをすることが重要であると考えられます。
体力をつけることは、将来的にも医療費を減らせたり、人生を楽しめたりと、メリットも多々あります。
風邪はひかないに越したことはありません。
是非とも体力作りを積極的に行うことを強くお勧めいたします。

スポンサーリンク

それでも、人間ですから、長い人生の中で、寒気を伴う急な発熱を起こすこともあります。
なかには、体調管理がなってないから発熱するんだなどという人もいるでしょうが、じゃあその人は風邪を引いたことがないのか、と強く尋ねたいです。
そんな人に限って、発熱した時は責められます。
寒気を伴う急な発熱をした時は、体調管理が云々言ってても仕方ありません。
人間諦めも肝心です。
大人でも風邪はひきます。
そんなときこそ、神様が与えてくれたお休みと思って、ここぞとばかりにお布団で休みましょう。
昔の医者は、寝てりゃ治るよ、とよく言ったものです。
休息に勝る薬はありません。
布団の中でテレビ見たり漫画読んだりするのもアリだと思います。
寝てればそのうち体力も回復してきて、食べられるようにもなってきます。
ものが食べられるようになれば、あとは回復も早いです。
最後になりますが、人間ですから、子どもでも大人でも、寒気を感じたら、医者に行き薬飲んでゆっくり休むことです。
それが回復の一番の近道であることがほとんどでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加