MENU

高熱や腰痛や寒気が同時に起きている場合は

スポンサーリンク

高熱と腰痛と寒気が同時に起きている場合は注意する必要があります。
この場合は整骨院などの外科的な処置をする病院よりも内科を受診するほうが病気を特定するにはいいです。
なぜならば腰痛と高熱を同時に発症する病気はたくさんあるからです。
しかし腰の痛みが発熱を引き起こすということはないのです。
ですから最初に選択する病院を間違ってしまうと、治療開始が遅れてしまう可能性があります。
このことを知っておくと重篤な病気のサインであるこういった症状でも慌てないで済みます。
具体的には細菌性の病気であるとか、消化器官の病気である可能性が高いです。
高熱や腰痛の他に腹痛の症状もある場合は、急性腹膜炎の可能性があります。
この場合は緊急手術が必要になってきますからすぐに病院にいく必要があります。
寒気は熱の症状がある場合には人によって感じやすい場合もあります。
もちろん急に寒気が襲ってくるような病気もありますからきちんと対処していくことが大事です。

スポンサーリンク

特に女性の人が注意したい病気ですが、急に震えがきたり寒気や発熱も伴っている場合は腎盂腎炎の可能性があります。
鼻水や咳といった症状がないのに発熱している場合は要注意になってきます。
腰の痛みも片側だけという事が多いので当てはまる場合はすぐに病院での治療を開始する事が重要です。
尿が白く濁ったり血が混じっているような症状が出たらこの病気を疑う必要があります。
しかしはっきりとした症状が出ないまま病気になってしまう場合もあります。
ですから小さなサインを見逃さないようにする事が大事になってきます。
そのまま放置しておくと腎臓が働かなくなる腎不全を発症してしまう場合がありますから初期の対応が非常に重要です。
結核菌や細菌が原因で起きる病気もあります。
食欲不振になってしまったり、耐えられないような腰の痛みに襲われる場合もあります。
他にもガンが関係しているような時もあります。
過去に大きな病気にかかった人は必ず定期健診する事が大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加