MENU

二日酔いの寒気の原因について

スポンサーリンク

お酒を飲む機会が多くなっていますが、とくに仕事のつきあいがあるという人は1週間に何度もお酒を飲むというのも珍しいことではありません。
しかし翌日起きたときには、体の調子が悪いと感じることがあります。
これは二日酔いの状態となっています。
二日酔いでは頭痛や吐き気というような症状が代表的なものとなっていますが、この他に寒気が現れるというのも決して珍しいことではありません。
二日酔いの際に寒気が発生するのは、血管が拡張して熱を放出しているということが原因として考えられています。
お酒を飲んだときには体が温かくなりますが、これはアルコールによって血管が拡張し、その結果血液の流れがよくなっていると考えることができます。
またそれと同時に体温が上昇しますが、体は生命を維持するためにその熱を外に放出しようとします。
その結果体から体温が奪われて寒気が発生するようになっています。
この他に考えられる原因としては次のようなものがあります。

スポンサーリンク

それは急性アルコール中毒となります。
お酒を飲んで寒気がする原因の一つとして考えられていますが、たくさんのアルコールが体の中に入ってくると、血中アルコール濃度が高くなります。
その結果体の中枢神経の働きが鈍くなるというような状態が発生してしまいます。
したがって体温の調節を上手に行うことができなくなってしまいます。
命の危険が発生することもあるので、注意が必要となります。
このような場合はすぐに病院へ行くようにします。
二日酔いで寒気が発生したときには、対処法があります。
まずは体を温めるということが大切です。
布団に入って体を温めるようにします。
また睡眠を十分にとることも大切です。
この他には体を温める飲み物を飲むようにします。
そこでおすすめなのが生姜紅茶になります。
またお酒を飲んだときには熱が放出されるので、体が水分不足の状態となっています。
したがってしっかりと水分補給を心がけるようにします。
このときに冷たい水分は避けるようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加