MENU

熱はないのに寒気がする原因

スポンサーリンク

血液の流れが阻害されて寒気がする人間の体は血管が張り巡らされてます。
この血管に血液が流れることで各細胞はエネルギーを生成することができますが、栄養が行き届かないと発熱することができません。
運動不足などにより筋肉が硬く凝り固まって、毛細血管が細くなり血液の流れが悪くなってしまいます。
血行不良から冷え性となり、熱はないのに寒気がする原因となってしまいます。
自律神経の乱れで熱はないのに寒気がする無意識化で一定の作用をコントロールしているのが自律神経ですが、この作用の中に血管を伸縮させることで体温を一定に維持するというものがあります。
自律神経が乱れることで寒いのに血管を膨張させたままで体温を低下させてしまうと、熱はないのに寒気がする原因になります。
更年期障害による寒気自律神経の乱れが生じる原因の中で最も注目されるのは更年期障害です。
女性が閉経によってホルモンバランスが乱れ発症する、自律神経失調症の一つとされています。
近年では男性にも発症することが話題になっています。

スポンサーリンク

熱はないのに発症する寒気は日々の生活に少し注意を払うだけで予防できます。
最も大切なことは体温を低下させないことです。
食品の中には体を冷やす効果と温める効果のものがありますので、できるだけ温める効果のあるものを食べるようにし、冷たい飲み物を避け、夏場でも温かい飲み物を飲むようにしましょう。
内臓の冷えは自律神経の乱れの原因になります。
次に、ウォーキングなどの軽い運動で硬くなった筋肉をほぐし、血行不良の改善です。
特に女性は筋力低下により体が冷えやすい体質になりやすいので適度な運動で筋力アップさせてください。
最近はシャワーで済ませる人が多いですが、シャワーは体を冷やし自律神経を乱す原因になります。
入浴はしっかりとお湯につかり体の芯まで温めましょう。
長時間の入浴はかえって体を冷やしてしまう効果があるので、気を付けてください。
ストレスも自律神経の乱れの原因ですので、適度な運動などで発散させるといいでしょう。
なかなか時間が取れないという方にも、おすすめなのは1日5分程度の腹式呼吸で自律神経を整えると血流を整え体を温めれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加