MENU

飲み過ぎて寒気がする原因と対処方法は

スポンサーリンク

お酒を飲み過ぎた時に寒気がすることがあります。
お酒を飲むと体温が上がって体がポカポカしてくるイメージがあるので、飲み過ぎで寒気がするのは不思議な感じがするのですが、これにはきちんとした理由があります。
お酒を飲むと体がポカポカと温かくなるのは、アルコールの作用により血管が拡張され、血流の流れが良くなっているからです。
しかし体があまりに熱を持ちすぎると、人は生命を維持するためにその熱を体外に放出しようとします。
これが飲み過ぎで寒気を感じる原因です。
お酒を飲み過ぎた翌朝に、頭痛などの二日酔いの症状と共に寒気を感じることが多いのもこの理由によります。
また寒気を感じるのが危険なケースもあります。
それは急性アルコール中毒の状態になっているときです。
血中のアルコール濃度が急激に上がると、身体の中枢神経の動きも悪くなり、体温を調節する機能も正常に働かなくなります。
低体温状態になると命にも危険が及びますので、救急車を呼ぶなど適切な対処を早急におこなうことが必要です。

スポンサーリンク

急性アルコール中毒が原因の場合は別として、通常の飲み過ぎで寒気を感じる場合の対処法としては、まずとにかく体を温めることです。
まだ酔いがさめていない状態でお風呂に入るのは危険ですので、しっかり着こんでから布団に入るなどして安静にしていましょう。
ゆっくりと体を休める暇などないという人は、体を温める働きのある食物の摂取も有効な対処法です。
よく二日酔いにはしじみ汁がいいと言われていますが、しょうがも体を温めるのには非常に適した食品ですので、しょうが湯などで体に摂取するといいでしょう。
もちろん水分補給も忘れてはいけません。
お酒を飲むと熱が放出されるうえ、アルコールによる利尿作用が原因で水分は不足しがちになります。
ですからスポーツドリンクなどで水分補給をすることは非常に重要になるのです。
ただし冷えた水やスポーツドリンクでは体を冷やしてしまいますので、温かい飲み物や常温の飲み物で水分を補給するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加