MENU

インフルエンザや発熱時の寒気の対処法

スポンサーリンク

風邪のひき始めや体がだるいと感じたときに寒気が走り高熱が出たことはないですか。
一般的に寒気を感じるとこれから熱が上がっていく兆候と言われています。
この症状は病気のウイルスが私たちの身体に侵入したときに発熱することでウイルスと戦おうとする身体の機能の一つです。
白血球がウイルスを認識すると体温を上げて身体を守ろうとし、このような体温調整スイッチが入ることで風邪のひき始めや高熱が出る前には身体に寒気を感じるようになります。
病気には様々なウイルスがありますが特にインフルエンザは高熱が続く場合が多いので適切な処置で対処することが必要です。
身体の寒気を解消するためには部屋を暖かくし自分の身体も温めることが大切です。
お部屋はエアコンや床暖房などを使用して寒さを感じない気温に設定しましょう。
お部屋を十分に温めたら身体が寒さを感じないよう重ね着をして対応しましょう。
寒気を感じているときの身体は何枚服を着ても寒さを感じやすいのでできる範囲で対処していきましょう。

スポンサーリンク

外側から身体を温めたら次に身体の中からも温めていきましょう。
温かい食べ物や飲み物を摂取することで身体の内部から温まりやすいのでとても効果的です。
その場合はお茶やスープ、おかゆやうどんなどの身体に優しく消化の良いものを食べたり飲んだりするようにしましょう。
消化の良い食べ物は高熱が出ているときやインフルエンザの時なども体力を消耗せずに食べることができるのでお勧めです。
これらの対処法を行っても寒気が治まらないときは首の後ろにあるリンパ節を温めると身体が温まりやすいので実践してみましょう。
高熱や身体のふらつきがないときはお風呂に入ることも効果的です。
その場合は湯冷めをしないように注意しましょう。
とても辛い症状ですがひきつけとは違い意識もハッキリしているので早めの対処が肝心です。
また、インフルエンザなどの感染力が強く専用の抗生物質が必要な病気の時は病院で治療を行い早めに身体を休めることが少しでも早い完治につながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加