MENU

発熱を伴う悪寒の様々な原因

スポンサーリンク

悪寒は急な寒気を伴う症状ですが、この症状には様々な病気が考えられます。
最も多いこの症状の原因は風邪になり、せきやくしゃみが出て、鼻水などが出るために比較的分りやすい症状となります。
しかしながら、発熱が次第に高熱や激しい寒けに変わり、病状が変化する際には注意が必要になります。
このような状態を放置する事で、倦怠感や筋肉痛をともなう事もありますので、安静にしておく事が必要です。
又、この悪寒が単なる風邪ではなく、他の病気が原因となる場合もありますので、高熱が下がらないような場合は早急に医療機関で診察を受け適切な処置を施してもらう事も必要になります。
ここでは発熱を伴う悪寒の様々な原因についてお話致します。

スポンサーリンク

先ず最初に、この急な発熱の原因として考えられるものに、細菌に汚染された食べ物を摂取することによる発熱があります。
このような場合は下痢や吐き気を伴い、食中毒の症状を起こします。
このような中毒を起こすウイルスは、高い熱の原因となり、悪寒を感じることが多くなります。
次に、盲腸の虫垂に炎症が起こる病気でも突発的な悪寒を感じる事があります。
この病気では急激な腹痛が起こる事に加え、微熱を伴い吐き気や嘔吐という症状があります。
この病気による腹痛は、へその斜め下辺りがしくしく痛む場合や、お腹のみぞおちから右下に激しい痛みがある場合があり、このような痛みを伴う場合は早急に医療機関を受診し適切な処置を受ける事が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加