MENU

悪寒戦慄とインフルエンザの関係

スポンサーリンク

悪寒戦慄とは、風邪などの代表的な症状として知られていますが、これは身体が発するサインで、風邪をひく兆候である事や体温が上がって発熱し始めるという異常を知らせるものです。
この悪寒という症状は、脳が身体の異常を認識した状態で、これからくる身体の異常に備える事が必要である事を教えてくれているのです。
悪寒と同時にやってくる身体の震えは、通常ではありえない状態である為に、身体が寒さで硬直してしまうようなことも起こります。
このようなサインは脳の警告であり、予めこのような兆候に備える事が重要なのです。
この悪寒戦慄を発症するケースの多くは身体にウイルスが侵入した場合です。
ここでは悪寒戦慄とインフルエンザの関係についてお話致します。

スポンサーリンク

先ず最初に、インフルエンザは毎年そのウイルスが変化し、強力になっていることが多くなります。
その為、発熱や悪寒など、インフルエンザ特有の症状も強くなります。
このウイルスは突然変異した新型のものである事が多く、人体に抗体が無い為に、周囲にすぐに広まります。
これがこの病気の流行となり、抗体がない事でその拡散が急速に進むのです。
その為、症状も強く出る事が多く、昔の抗体を持っている方でもこの病気を発症する事になります。
この毎年進化する新型のインフルエンザウイルスは強化されているので、発熱や悪寒も従来のインフルエンザよりも強くなります。
このように悪寒戦慄とインフルエンザの関係には、このような特徴があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加