MENU

自律神経の異常により悪寒戦慄は起こります

スポンサーリンク

悪寒を伴う病気には、数え切れないほどのたくさんの種類があります。
典型的なものは、感染症による病気で、風邪やインフルエンザなどです。
他にも、気管支炎や扁桃腺・腎盂炎・髄膜炎・胆のう炎・腹膜炎などでも悪寒を感じます。
悪寒が起こるときは、発熱を伴う場合が多いですが発熱を伴わない悪寒もあります。
自律神経のバランスが崩れた時におこる自律神経失調症や、アルコール依存症の人によく見られるアルコール性肝炎などがそうです。
突然ガタガタ震えて寒気がするのが悪寒戦慄です。
突然の悪寒戦慄には高熱が伴う場合が多く、意識障害や激しい頭痛・全身のけいれんや血圧低下・呼吸困難など命に関わる症状が併発する場合は、直ちに病院で診察を受けます。

スポンサーリンク

自律神経の異常によって引き起こされる悪寒戦慄は、発熱は伴わず風邪のような症状が出ます。
自律神経失調症の場合は、真夏でも寒くてたまらなくなるなど普通では考えられないような寒気に襲われます。
歯がガチガチ鳴るほどの寒さで、しばらくすると治まります。
これは、血液の循環が悪くなることで起こり、頭痛・耳鳴り・めまい・下痢・胃腸の不調などいろいろな症状も起こります。
自律神経を安定させるため、抗不安剤やホルモン治療を行う場合もありますが、一番はストレスを無くすことです。
自律神経はストレスによってバランスを崩すので、なるべくリラックスをしてゆったりと過ごすことです。
漢方など試したり、体をなるべく温めるような生活をします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加