MENU

悪寒戦慄と倦怠感の原因

スポンサーリンク

悪寒戦慄とは、急に寒気がして震えだす症状です。
このような場合は大抵そのあとに発熱がみられ、倦怠感を伴う状態となります。
この症状の場合は高熱が出る事が多く、安静にしている事が大切です。
ここでは悪寒戦慄と倦怠感の原因についてお話致します。
先ず最初に、悪寒戦慄には激しい震えが伴います。
この震えは感染症が原因となる事が多く、インフルエンザに加え、肺炎、胆嚢炎、髄膜炎など、臓器の感染症が要因となり起こるケースが多くなります。
又、悪性腫瘍などの病気でも悪寒戦慄や倦怠感が伴うことがあります。
発熱がおさまる事で震えも改善される事がありますが、首などを冷やし、汗をかくときは、水分を多めに補給し体力の回復を待つことが必要です。

スポンサーリンク

次に、悪寒と倦怠感は密接な関係にあります。
これらの症状は熱が出て体温が上がることによって、身体が悪寒を発症し、発熱で神経が鈍くなって倦怠感が起こる事になります。
これら発熱の原因はウイルスがほとんどです。
倦怠感は脳が小さな異常を感じているという状況で、現在では大きな異常は感じていないけれども、問題が生じる兆候を示唆している為に、見逃せない身体の警告となります。
この倦怠感は発熱が無い状態でも発症します。
その後に悪寒戦慄を感じる事も多く、倦怠感があるからといって、身体が動かないわけではありませんが、このような状態を察知したら安静にする事が必要になります。
このように悪寒戦慄と倦怠感の原因には、このようなものがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加