MENU

発熱と悪寒のメカニズムによる悪寒戦慄とは

スポンサーリンク

悪寒という症状は様々な原因で発症します。
最も一般的な原因は風邪によるものですが、その他にはインフルエンザなどもあります。
このインフルエンザも風邪の一つで、悪寒や咽喉の痛みを伴い、この細菌の強い感染力により高熱、頭痛、嘔吐なども起こります。
この悪寒という症状には特定のメカニズムがあり、この症状を緩和させる為にはこの仕組みを理解しておく必要があります。
ここでは発熱と悪寒のメカニズムによる悪寒戦慄とは何かについてお話致します。
先ず最初に、この悪寒とは発熱の初期の兆候で、原因不明の病的な寒気を感じるものです。
これは気温が下がった時などに感じる寒気とは大きく異なり、十分に暖かい時でも感じる突発的な寒気です。

スポンサーリンク

次に、発熱と悪寒の関係とは、体内の白血球が病原となるものを認識すると、発熱する物質を生産し、その作用によって発熱を起こし身体を守ろうとします。
この体内のプロセスにおいて、暖かいと認識する事が抑制され、寒いと感じる事が多くなります。
この体温調整の機能の効果で、発熱の初期に悪寒を感じる事になります。
そして、悪寒戦慄とは、発熱時に起こる悪寒に加え震えを伴うもので、筋肉が収縮することで生じるものです。
これは震えによる筋肉の運動が熱へ転換されるため、体内の熱の生産方法としては効率のよいものとなります。
このようなメカニズムの為、悪寒の際に震えが出る事になり、悪寒戦慄となるのです。
このように発熱と悪寒のメカニズムによる悪寒戦慄には、このような特徴があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加